「憔悴しきるまで楽しんでください!」そう言って始まった、ボロフェスタの街の底ステージ、ラスト・アーティストであるSEVENTEEN AGAiN!

IMG_4944


1曲目「僕はファシスト」で、観客の心をグッと近づける。私たちはおもいおもいに手を挙げ、夢中で踊るのだ。過去に土龍がnanoPAを放棄してダイブしたエピソードも語られ、笑いがドッと起こる。

IMG_4941


フロアには、SEVENTEEN AGAiNへの熱い視線を送っている者しかおらず、相思相愛を感じる空間は高揚感に満ちていた。

IMG_4948


街の底でありながらも、人間同士の心がぶつかり生まれたのあたたかみによって日向のような心地よさが生まれていた。

ラストは、ヴォーカルのヤブソンがドラムからジャンプ!フロアの大声援に応えて、急遽ダブルアンコールまで披露。「恋人はアナキスト」でボロフェスタの街の底ステージを大盛況で幕を下ろした。

IMG_4942


三日間開催されたボロフェスタ2017、ラストを飾るのは大森靖子! 台風が直撃しているにもかかわらず、フロアにはたくさんのお客さんが残っている。マンモスSTAGEに登場し、ステージ中央に設置されていたピンク色の十字架を担ぐと、ステージ後ろのカーテンが開きステンドグラスが現れる。

「感情のステージに上がってこい!!!」そう彼女が叫んだ瞬間会場の空気は彼女のものに。フロア前方ではピンク色のサイリウムが光る。

IMG_8789


ピンク色の照明や真っ白の衣装、ステージ上に設置されたぬいぐるみなどの可愛さと、彼女の歌声や叫び声、激しい動きといった力強さが対照的でどんどん彼女の世界に引き込まれていく。


MCでは台風だということで「帰れますか?ずっとやろっか、じゃあ」と発言。ずっとできるわけはないけれど、そういったアーティストの言葉は観ているものをなんだか嬉しい気持ちにさせてくれる。


20171022-IMG_7256


4曲目「M」では演奏されている楽器がキーボードのみになったことにより、彼女の歌に使われている力強い言葉たちが包装してるものを失った状態で刺さる感触がした。
マイクを通さずに歌っている姿が印象的で、その声はホール全体に響き渡っていた。

「マジックミラー」の途中、ギターを担ぎ上げながら歌う場面では、力を分けてもらったような感覚がした。

20171022-IMG_7225


「音楽は魔法ではない」という言葉を声色を変えながら何度も彼女は繰り返す。そして本編最後の曲「音楽を捨てよ、そして音楽へ」が始まる。
曲の途中で歌も演奏も止まる瞬間があり、そのときの静寂が美しかった。

「あなたがあなたのことをどんなに醜く思ってもあなたたち一人一人の人生は美しいです」そう言って客席を指差し彼女は去っていった。

IMG_8848


アンコールでは一人で登場し、音楽に救われたかどうかで変わるということ、音楽にお金を払って本物をみることは財産になるのでおすすめするということ、音楽活動に勝ち負けがあるとしたら続けるか続けないかなので自分はこれからも続けたいということを話したあとスポットライトに照らされながらアカペラで「さようなら」を披露した。

「明日からも頑張っていきましょう大森靖子でした」と終了した彼女のライヴは間違いなく明日から頑張る力を貰えるものだった。

台風21号が接近し、KBSホールの外も雨風が強くなってきたこの時間帯。そんな憂鬱を吹き飛ばす、ハッピーなグループがやってきた。そう、皆様ご存知スチャダラパー!「スチャダラパーのテーマPT.2」が流れる中、「ワンツー!ワンツー!京都!」という掛け声と共に登場した彼等、本日はサポートMC、ロボ宙を加えた4人編成。のっけから「MORE FUN-KEY-WORD」で場を盛り上げる。プラカードを片手にコール&レスポンスを求め、観客もそれに答える。しょっぱなから気分は最高潮!

IMG_4927


2曲目の「ライツカメラアクション」に引き続きお披露目されたのは、新曲「セブンティーン・ブギ」。「17歳の気持ちになって書いた、ANI(パート:フンイキ)はもう50歳になるけど」とBOSE(パート:MC)が語るこの曲は、ライヴ会場限定CD「セブンティーン EP」に収録されている。観客一体となり「セブンティーン・ブギ!」と叫びながら手を挙げる様子に、「なかなかいい感じじゃない?」と満足そうなBOSE。勢いもそのままに、今度は某TV番組のオープニング・テーマだったことでおなじみの「GET UP AND DANCE」を投下!「ぱーっぱらっぱっぱっぱら!」のフレーズが印象的な名曲に、思わず飛び跳ねてしまう。

IMG_4934


「ボロフェスタについては噂には聞いていたんですけど、なかなか出演する機会がなくて。感じが合わないのかなと思ってたんですよ、やっと呼んでくれて。」「やっと会えたね的なね」「ミポリン的なやつですよ」「誰もあんまついてきてないですよ!!」という軽快なMCに観客も大笑い。「ボロフェスタ」の「ボロ」ってどういう意味?と楽屋で話題になった、というエピソードでは独自の「ボロ」に対する見解も交えつつ、「評判がいいこのイベントに呼んで頂いてありがとうございます」と挨拶。観客も拍手で答える。
『サビになったらみんなさっきの「セブンティーン・ブギ」みたいに、知らなくてもいいから「レッツロックオン!」って言ってたらテイは整うから、なんか楽しい感じになるよ』というMCの後、昨年発売されたアルバム「あにしんぼう」から「レッツロックオン」に移る。知ってる・知らないに関わらず、誰もが楽しめちゃうのはスチャダラパーのなせる技!

IMG_4933


うねるベースラインに自由自在なラップが気持ちいいEGO-WRAPPIN'とのコラボ曲「ミクロボーイとマクロガール」を挟んだあとは、大名曲「今夜はブギー・バック」!ステンドグラスのカラフルな光を浴びながら、観客たちが手を横に振る景色がとても美しい。「よくなく なくなく なくなくない?」はもちろん大合唱。おなじみ「心変わりの相手は僕に決めなよ」のフレーズを歌うANIにもきゅんとさせられる。

IMG_4932


最後は「ボロフェスタ!クラップユアハンズ!」の掛け声の後に「LET IT FLOW AGAIN」をプレイし会場を去ったスチャダラパー。
「今夜はブギー・バッグ」の「とにかくパーティを続けよう」という歌詞に、続けていくということを何よりも大切にしてきたボロフェスタの姿勢を重ね、胸が熱くなる。そんな最高のステージだった。

ボロフェスタ最終日、どすこいステージの大トリを飾るのはSunday カミデ!
ワンダフルボーイズとして何年間も地下ステージのトリを務めてきたが、今年はカミデのソロで登場。

IMG_8674



キーボードを自由自在に操りながら歌声を響かせる。どすこいステージに集まった人たちはうっとりと聴き入っている。

京都の大学と短大に合わせて6年間通ったというカミデ。大学時代の思い出を笑いまじりに話したり、手拍子やコールアンドレスポンスを求めたり、終始笑顔の耐えない雰囲気が漂う。


IMG_8669



「次に出てくる世代の人のために繋いでいくという曲です」と披露したのは「LIFE」
歌詞の一部を「ボロフェスタ台風だったよ」に変えて歌い笑いを誘った。


IMG_8685



「ボロフェスタやってる人、みんなクレイジー。この人たちが路頭に迷ったら京都駅の前で募金活動するんで、みんな100円ずつ募金してください。」

そう話してアンコールに披露されたのは「君が誰かの彼女になりくさっても」
ボロフェスタへの愛と幸福感に包まれたステージで、どすこいステージは終演を迎えた。


IMG_8688

街の底ステージもラスト2アクト!
MONO NO AWAREの登場。

BA11B991-9B13-4C48-B1DA-29DBA6CBE826


「ここからは、ひとバンド2時間になりました。朝までやりましょう」「終わったら台風でスピーディーにかえれますね」など、玉置周啓(Vo&Gt)のMCに笑いが起きる。

A175C984-DF97-4E2A-99EA-F2E18A71BE27


そんなユーモアあるMCもはさみつつ始まった楽曲はいずれも、遊び心とセンスに溢れている。
1曲目「マンマミーヤ!」ではパロディ色がある歌詞をクールな表情で歌い上げ、「イワンコッチャナイ」後半のビートでは人々をノリノリにさせるなど、各曲ほどよいクセがオーディエンスのツボを押さえて離さない。

2FC3F1A8-1EBD-4F29-A8B0-44C9064693D0


昨年出演したフジロックの「ルーキー・ア・ゴーゴー」を勝ち抜き、今年レッドマーキーに立っているだけあって、バンド自体の安定感と貫禄が増してきた気がする。クールでシュールな世界観、だけどカッコいい。そんな彼らの本質をしっかりと確認できるライヴだった。

733D9B65-D8E1-4847-B642-93F5CE07C3D0

↑このページのトップヘ