MC土龍による「振る舞いテキーラ宣言」でぶち上がった夜想を更にヒートアップさせたのはTRIP MEN!

IMG_1001


KOZO PUNISHERによる強烈なリリックとビート、SHOGOSTARTERによるアッパーなギタープレイがオーディエンスの心臓を鷲掴み!
LA警察の衣装を身にまとったコミカルなふたりは、まるでMTVから飛び出して来たかのようでした!

IMG_1004


ライヴ・パフォーマンスが進むにつれて自然と前へ前へと引き寄せられていくオーディエンスが印象的でした!
まさにカラダの芯に訴えかけるステージング!

IMG_1077


「ファッキン・ノイズ!ファッキン・ノイズ!」と幾度となくシャウトする楽曲「HARD CANDY」で会場のボルテージは最高潮に!

IMG_1108


「I'LL BE BACK」という言葉の通り、TRIP MENがボロフェスタに帰ってきて、大歓喜の空間でした!

4ピース・ロックバンドSeuss(スース) 7T0A7027
彼らの自由気ままに踊れるパーティーロックなサウンドはライブハウスをたちまちクラブハウスに一変! お客さん達全員がロックンロールに踊り狂っています! 7T0A7015
去年のナノボロフェスタに続き、今年も参戦した彼らの熱気は過去最高かも!? 最高過ぎる夏のひとときを感じさせたバンドでした! 7T0A7037
踊りたくなったら、Seussの音楽を聴くだけで良い。 記憶に残るロックンロールなパーティーの始まりだ!

IMG_0270


ナノボロフェスタ二日目ももうかなり終盤。nanoにはハンブレッダーズが登場。
スタートからエンジン全開!ギターがとてもエモーショナル!

IMG_0238


ゆったりと聴かせる楽曲では歌詞の良さが際立つ。

IMG_0296


もともとやる予定ではなかったという新曲も披露!今日ナノボロフェスタを観ていて他のアーティストに触発されたとのこと。
「nanoにはいつも新しいものを更新したい」と語った。

IMG_0314のコピー


疾走感がたまらない「逃飛行」を最後に演奏!フロアとの一体感も抜群だった。
「ボロフェスタ最高!」とステージを締めくくった。

Secret ACTの正体は昨日もお客さんから爆笑をかっさらっていったアイアムアイでした!

ボロフェスタは終盤に差し掛かろうとしていますが、彼らの勢いは止まることを知りません!

20180826-IMG_4940
彼らの勢いに負けず劣らず全力で彼らのパフォーマンスを楽しむ観客達!

凄い一体感です!

そんな矢先に花柄ランタンが登場!

20180826-IMG_4970
まさかの花柄ランタンとアイアムアイのコラボレーション!

20180826-IMG_5004
こんな光景を誰が予想できたでしょう?

20180826-IMG_5043
それにはお客さんも大盛り上がり!

合い言葉はサンダーファイヤー!


夕暮れ時、超満員の期待感の中現れたのは和歌山の5人組Bagus! だ。

7T0A6888

しょっぱなからはっぴいえんど「夏なんです」のカバーでつかみから歓声が上がり、それからもグルーヴ感溢れる演奏とソウルフルな歌声に観る人は唸らされる!

7T0A6870

途中からは照明を抑えめにしてムーディー落としてムーディーな雰囲気に。でも演奏がほんとうに楽しそうで、思わずこっちも声上がっちゃうよね!

7T0A6895

蒸し暑さすら心地いいと感じる一夏の夕暮れ時。楽しい時間でした!

↑このページのトップヘ