京都のオルタナティヴ・ロック・バンド、The Faxが夜想に登場!

IMG_0099


そのインディペンデントな姿勢に根強いフォロワーを生み出し続けるThe Fax。

IMG_0076


ナノボロフェスタでも独創性がこぼれ落ちるような楽曲たちが宙を舞いました!

IMG_0079


キュートな女の子が飄々と鳴らすローファイ・サウンドに満員のフロアは釘付けでした!

IMG_0127

立命館大学の音楽サークルで結成された4人組バンドおとぼけビ~バ~

20180826-IMG_4899
Sっけたっぷりでパワフルな歌い出しが、お客さんのテンションを煽りモッシュが巻き起こるという事態に!!!

20180826-IMG_4876
我が道を突き進む姿は本当に見ていて、聴いていて気持ち良くスカッとする。

20180826-IMG_4869
彼女らの音楽は理屈じゃなく、感情を全面に押し出している姿が最高だ!

20180826-IMG_4911


ここでちょっと一息、日本インディミュージックガイドだ。話すのは京都をベースに活動する音楽評論家の岡村詩野、先程貫禄のステージをみせたゆーきゃん、そしてナノボロフェスタのボス飯田仁一郎。

7T0A6855


会場はYouTube動画も駆使して濃いながらも和やかな雰囲気。

フジロックやサマーソニック等のメジャーなフェスにも触れつつ、ザ・おめでとズ、Mom、そして京都のAstral Swaggy (めっちゃ面白いからさあYouTube検索! )など、知る人ぞ知る地方の動きも紹介。

7T0A6867


その他にも三者三様の視点でオススメを教えてくれたり俯瞰的にシーンの流れに触れたり。これ凄くためになるなあ。

今めっちゃアツい京都のバンドもしっかり押えられます!

おもしろい人たちの周りにはおもしろい人たちが集まって、京都の音楽シーンがこれからも更に盛り上がっていくこと間違いなしです!

7T0A6858


夕方のちょびっと学問な時間。凄く充実してました!

ナノボロフェスタ2日目も中盤に差し掛かろうかというところ、夜想に現れたのは名古屋から来た女の子5人組テト・ペッテンソンだ。


IMG_5726



ギターやベースはもちろん、鉄琴、リコーダー、ピアニカ、とにかくいろんな音が聴こえてくる。


IMG_5727



ドタドタしたドラムはまるでチンドン太鼓みたいで思わずからだも動いちゃう!


IMG_5728


跳ねるような楽しい曲からムーディーな昭和歌謡みたいな曲までヴァラエティ豊かな演奏で、夜想の雰囲気もあいまって不思議な気分に。

IMG_5729



テト・ペッテンソン、とっても楽しい時間でした!

ARSKNが奈良から登場!
初っ端に髙島颯心 (ベランダ Vo.&Gt.)とカーミタカアキ (ULTRA CUB Vo.&Gt.)をゲストに迎え、Beastie Boysの「Sabotage」のカバー演奏を披露!

ゲスト陣が去ると、そのまま代表曲「TOUSOU」を演奏!
グランジに真っ向から立ち向かう轟音とナードな歌声がnanoを包みました!

IMG_0062


満員のnanoを見たVo. リョウナは「こんな狭いとこでいつまでもやってられないっすよ」と言いつつも「狭いライブハウス大好き!」と笑みをこぼした。

IMG_0009のコピー


主催のひとりであるMC土龍から受け取ったビールを飲み、ライブは更にヒートアップ!

IMG_9993のコピー


「ある程度嫌い同士で仲良くやっていきましょう」というリョウナの言葉には彼の信念のようなものを感じた。

IMG_9974

↑このページのトップヘ