20171022-IMG_6945



クレジットには記載がなかったものの、急遽ライブが行われることになったFuckerこと谷ぐち順。日本のアンダーグラウンドシーンの礎を築いてきたレーベル・Less Than TVの主催であり、昨日夜のvol.夜露死苦にも出演したLimited Express (has gone?)のベーシストでもある。そんな谷ぐちとバンド活動を共にし、妻でもあるYUKARI、そしてその息子・共鳴(ともなり)の3人からなる谷ぐち一家の姿を追ったドキュメンタリー「MOTHER FUCKER」が、来週土曜日の10月28日から京都みなみ会館で公開される。ライブに先立ち、MC土龍が「ここにFUCKERを見に来る人なら絶対に胸が熱くなるとしか言いようがない映画」とその魅力を語る。



20171022-IMG_6946



そんな土龍の熱いラブコールを受け現れた谷ぐちは、ビールケースとアコースティックギターという簡素なセットにスタンバイしたかと思うと、おもむろにギターをかき鳴らし叫ぶ。「Fuckerの周り半径10メートル 何が起こるか分からないけど 危険はない」。劇的なのに人間味あふれる彼の音楽がよくわかる歌詞だ。歌い終わった後、サンキューと叫ぶFuckerに観客も大歓声で答える。



20171022-IMG_6952



「最後はのたれ死んで犬にかじられたとしても パンクロッカーの一生なんてそんなもんでしょう」という内容の歌詞が印象的な「Fucker王国」。彼の歌はいつだって、彼自身の生き様そのものだと思う。



20171022-IMG_6960



最後の2曲は、妻であるYUKARIをゲストに招いてのスペシャルな編成。お互いを見つめ合いながら、のびのびとシャウトする二人を見て、こんなにかっこいい夫婦いないと感じる。「MOTHER FUCKER」のみなみ会館での上映は1週間限定とのこと。見逃せない。

街の底ステージには、uri gagarnが登場!
「開催できてよかったね」と威文橋(vo)の一言から
1曲目は「korobbokuru」、そして「Resistor」へ。

IMG_4648


川村(dr)の力強いドラミングが
地下ステージが吹き飛ぶんじゃないかというほどで、
我々はこの狭いステージから、どこか別の世界へ吸い込まれていってしまうのではないかと思った。

IMG_4526


「IJDB」のイントロが始まると感性がわっと上がり、
徐々にフロアの温度が高まっていくのを感じたと思ったら、

IMG_4637


「Doom」「CALENDAR」とパンク路線へ急ハンドル。
オーディエンスもその反応に振り落とされず、モッシュやジャンプ!
お客さんと演者がお互いに向き合い、まるで気分を高め合っているようだった。

IMG_4619


街の底ステージは、「すごいいい場所、来年も来たい!」とのこと。
来年もぜひ、街の底で再会したい!

続いてプテラノドンSTAGEに現れたのはyahyel。ボロフェスタにビデオレターをくれた彼らの中にはVJがおり、ステージの後ろには演奏に合わせて映像が映しだされる。

91A5C06A-B9BD-4CB0-A005-C35A04E134DE


映像は次から次へと動き、変わっていく。新感覚のショーといった感じだ。
先ほどはアイドルが踊っていたステージで行われているというのがまた面白い。

3C715ADC-CBA9-45F6-9A79-2C645CB7542D


ビデオレターでの言葉通り、宇宙に連れていかれたかのような空間。
ステージを見上げて見入っているお客さんが多かった。

0B757B90-34A9-4356-B385-1660365F0A6D


彼らのステージをぜひ一度生で体感してほしい。



ボロフェス最終日、まだまだたくさん登場!
続いてのマンモスステージはjizue!

IMG_4916


jizueのステージは静かな粉川心(Dr)のドラム音から始まった。観客が息を呑むように見つめていると少しずつ片木希依(Key)のピアノの音が流れ出す。
徐々に上がっていく曲の温度に合わせて、観客のテンションも高まっていく。

IMG_4909


こうして披露されたのが、「intro」と「atom」だ。

緻密に練られたビートとふとしたときに飛び込んでくる転調が合わさり、一筋縄ではいかないサウンドになっている。だが、メンバーの息はぴったりで、音の縦は常にばっちりなところに本当に驚かされる。

IMG_4914


「星に願いを」ではタイトルになっている楽曲をオトナにアレンジしており、徐々に壮大になっていく展開には思わず体を揺らして興奮してしまった。

IMG_4913


最後の「dance」では、ギター、ドラム、ピアノそれぞれクオリティが高すぎるソロを披露。バンド全員でのグルーヴ感と一体感ももちろん素晴らしいのだが、個々としても素晴らしいものを持っているのだなということを強く実感させられるライヴだった。



続いて、マンモスステージに登場したのはDAOKO!


まずは「かけてあげる」を色気たっぷりの身振り手振りで披露。体全部を使って、曲の持っている世界を表現していた。

続いて、「拝啓グッバイさようなら」、「FASHION」。まるで仮想空間から出てきたかのような儚さに、胸の奥から搾り出すような声が心に突き刺さる。と、思いきや少し挑発気味な声も出してみたりと、まだまだ観客に見せたことのない表情がきっとたくさんあるのだろうなと思えた。

MCでは「ボロフェスタ2017、ずっと出たかったので嬉しいです!」と可愛らしい声ではにかむ。実は京都でのライヴも初めてらしく、このボロフェスタが初京都なのだという。ボロフェスタとしてはとても嬉しい限りだ。

「ダイスキ with TeddyLoid」では、女の子の揺れる気持ちをこちらがドキドキするような声で歌い上げる。「ShibuyaK」ではスタンドマイクを使って、振り付けも披露。適度な脱力感と可愛い声のバランスが絶妙に気持ちいい。

そして最後には「打上花火」をしっとりと歌い上げて終了。青い照明の効果も相まって“美しい”という言葉が恐ろしいほど似合うライヴだった。

↑このページのトップヘ