青春を鳴らす、THEロック大臣ズ!

 

 

 

 

 

 

さて今週のブログも、一挙2バンド紹介します。まずはTHEロック大臣ズ!  京都発の4人組。今年1月に発売されたフルアルバムが『KIDS ONLY』という名であるように、彼らの音楽はキッズオンリー! 誰もが持つロックキッズな部分を刺激する、甘酸っぱい青春パンクロックを得意としています。

イントロだけでも飛び跳ねたくなりますね~。 ブルーハーツ銀杏BOYZスパルタローカルズを吸収したような、ストレートで骨太なリズム。さわやかだけどアツい気持ちを感じる歌いっぷり。老若男女問わずハマりそう!

ちなみに彼ら、週刊ヤングジャンプで連載されていた「日々ロック」という漫画のモチーフになっているバンドらしいです。昨年11月に映画になっているので、ロックな漫画や映画好きは要チェックです。今夜は、nanoでライヴだったみたいですよ~。

京都の姉御・おとぼけビ~バ~!

2009年、立命館大学で結成されたガールズバンド、今年もボロフェスタに出演決定! 今年は4月のレコードストアデイにて、50枚限定の7インチをリリースしています。 残念ながら買い逃してしまった人も多かったのでは?Youtubeには15秒CMしかあがっていないこともあり、秘密がいっぱいなレアトラック。ぜひナノボロフェスタで聴きたい!

「私たちについておいで! 」といわんばかりの姉御感がクール。独特でおちゃめなヴォーカルの歌い回しにもぐっときますね。音楽性は違えど、ミドリ(後藤まりこ)や、SEBASTIANXにも通じる部分を感じます。そんでもってこのフレーズ、次の曲もそうだけど中毒性抜群! つい口ずさみたくなりますね。

こちらは2013年に発売したアルバム『目撃!ラブミ~サイン』より。次々と移り変わるリズムや、ナンバーガールのような、ソリッド感のあるカッティングギターが素敵。楽曲もみせ方もコミカルなんだけど、コミカルすぎない。むちゃくちゃロックなんだけど、マジメすぎない。そこが彼女たちのおいしいポイントだと思います。

 

以上、今週もお送りしましたー。

私は、あの人やあのバンドにインタビューするべく、明日は京都に向かいますよ~!

nanoで私と握手! ではでは。

今週もこんにちは! 梶原です!

先週アップした花泥棒のインタビューですが、アクセスも良く好評でした~! ナノボロフェスタまではあと2つインタビューがのる予定ですので、次回のインタビューもどうぞお楽しみに! 来週、取材してきます。

 

今週はもナノボロフェスタ出演バンドを紹介!

さて、今週は2バンド一気に紹介しちゃいます。

まずは京都のロックバンド、Baa Baa Blacksheepsです。

音も、声も、スタンスも美しいバンド

ギターの音色が優しくて、メロディの美しさと切なさの具合が素晴らしいです。けど、なによりも、ヴォーカルのクリーンな歌声にぐっと引き寄せられますね。the band apartや、the pillowsなどが好きな人には特にツボかもしれないです。

彼らのやっている音楽は、音を鳴らすだけじゃないんです。Livehouse nanoの店長・土龍さんが語っているように、様式美を大事にしているんです。MCはもちろん、ブログの文章においても音楽への情熱を余すことなく語っていて、バンドマンとしての発信力の強さもまた彼らの魅力だと私は思います。

昨年3月にファーストアルバム『リハビリテイション』をリリースしているので、ぜひチェックしてみてください!

さらに今回は、もう1バンドをご紹介!

さてお次に紹介するバンドは、滋賀発4人組・Spacetime and Streams。

グランジ、メタル、フュージョンと様々な要素を内包した密度の高い音楽。the fin.や、HOTEL MEXICOのような、洋楽にかぎりなく近いバンドです。

さらに、ヴォーカルのウダヤは、なんとハーフの方とのこと。発音のよさはもちろんのこと、太く、ダイナミックな歌声に圧倒されます。このニルヴァーナのカヴァー、むちゃくちゃかっこいいですね。

なんと彼ら、CDはまだリリースしていないそう。youtubeにはいくつか音源があがっているので、ぜひ予習しておきたいですね。

 

さて今回は2バンドまとめてご紹介しました。どちらのバンドも、世界観をしっかりと持っている素晴らしいバンドですね。ナノボロフェスタ本番も要チェックです。

ではまた!

甘酸っぱいワイキキビートと、さわやかなヴォーカルが魅力的な京都のギターポップ・バンド、花泥棒。ヴォーカル・稲本裕太以外全員脱退という危機を乗り越え、昨年より単身上京、メンバー募集をしながら活動中。そんな花泥棒に、新メンバー・イラミナタカヒロ(ex.sukida dramas)が加入! サポート・メンバーを率いた昨年のボロフェスタ(大成功!)からメンバー加入に至るまで、そして今年のボロフェスタについて幅広く答えてもらいました。

f:id:hanakin_borofesta2015:20150703102621j:plain

 ――昨年のボロフェスタでの花泥棒は、京都メトロで行われた「夜の部」のトリでしたね。モッシュやダイヴが炸裂した、花泥棒としては前代未聞のライヴだったと思います。

稲本: NATURE DANGER GANGや西村道男さんが出たあとだったので、みんなテンションが高くて。花泥棒の曲は別にモッシュするような曲じゃないけど、みんな全曲モッシュしていましたね。お客さんから主催側までみんながハイになっている中でのライヴは楽しかったです。

続きを読む

こんばんは! 昨日は、ナノボロフェスタ第2弾が発表されましたね!

今東京インディ・シーンで大注目のnever young beachが参戦決定! すでに本祭への出場が決定しているHave a Nice Day! や、あのhomecomingsも登場です。渚のベートーベンズナードマグネット岡崎体育といった関西の音楽シーンも、非常に楽しみです。

そしてナノボロフェスタチケット予約スタートです。開催日は8月29日・30日。遠征組、社会人、大学生、就活生にもやさしい土日となっておりますので、ぜひ遊びにきてください!!

 

ロックコミューン所属・she saidのご紹介!

さて今週は、京都の男女混合4人組・she saidのご紹介!

2013年結成。くるりやリミエキを輩出した立命館大学の軽音サークル「ロックコミューン」に現役で所属しているバンドのようです!! それだけでもわくわくしてしまいますね。

ネットにアップされている数少ない音源をどうぞ!

90年代インディー/オルタナ好き必見!

イントロから2本のアルペジオにビビっときますね。淡々としつつも、繊細にアレンジされているので聴きどころが多い。ヴォーカルの入り方が絶妙で、冷静なトーンでありながらも内に情熱を秘めていて、カッコイイ。90年代インディー/オルタナに影響されたようで、ぺイヴメントやweezerを思い出します。日本だとtoddleが近いんじゃないかなと思います。方向性は違えど、サウンドからはややライオット・ガールな匂いがするのもポイントですね。

なんと音源が近日リリース!

少々音が悪くなってしまっていますが、貴重なライヴ音源はこちら。デモCDは現在売り切れとのことですが・・・朗報! 30日には、セカンドロイヤルから7インチがリリース予定。平賀さち枝とホームカミングスや、本日休演に続く同レーベル7インチシリーズの新作です。先ほどの楽曲「dim shape」も収録されているとのことで、要チェックですね。Seussの時にも言いましたが、も~関西シーンってむっちゃかっこいいですね! 彼女たちのような素晴らしい才能が生まれる関西、そしてロックコミューン最高です。

 

さて次週は、先週末に行った某アーティストのインタビューを掲載します~!

仕事にレビューにインタビューにと梶原の状況はぱつぱつですが、どうにか頑張ります!お楽しみに!

私は東京在住なので説明会に参加したことはないですが、「音楽大好き!」「スタッフしてみたい!」と思っている仲間と出会えるなんて、とても恵まれているし、貴重な時間だと思います!うらやましい!まだまだ迷っている方、スタッフ説明会に行かなかったけど気になっている方、まだ間に合いますよ~!私のような東京の人もぜひ、一緒に物語を作りましょ~!

 

今週は、カトキットをご紹介!

さてさて、今週もナノボロフェスタ出演アーティストを紹介!

本日は京都の男女スリーピースバンド、カトキットをピックアップします!

ザ・シックスブリッツ主催の「いつまでも世界は・・・」の出演や、Twitterで約8万4千人ものフォロワーを持つフグ田 マスオ(@f_masuo)の人気企画「マスオナイト」で取り上げられたこともある、注目アーティストです。しかも!今週水曜日に初の全国流通作『雨ニモマケル手帳』を発売したばかり。なんと10-FEET東京カランコロンを輩出したBUDDY RECORDSからのリリースです。絶好のタイミングでチェックしておきましょう!!!

まずはリードトラックから、容赦なく水かけられまくりのこのPV!!

イントロからシンセのリフが印象的でグッときますね!サイバーなシンセとギターのカッティングが絶妙で、シンプルなのにクセになります~。これがサビか!と感じても、繰り返しではなくもう1、2展開を見せてくれるので、最後までわくわくさせられます。

ポップなだけじゃなくて、ひねくれてる?

お次はマスオナイトで取り上げられた、シングル作品。踊れて、ライヴでも確実に盛り上がるナンバー。…なのに、ピアノの音色は切ないし、ストレートな詩から漂う現実感に胸が痛い! SEBASTIAN Xよりはシリアスで、ザ・なつやすみバンドのよりはアッパー。どうやら カトキットは、ポップミュージックにひとさじの哀愁を加えたバンドのようです。以上の2曲に共通するのは、一筋縄ではいかない、良い意味での「ひねくれポップ」だということ。これこそが、カトキットの魅力なんだと思います!

 

ボロフェスタは憧れのフェス!

以上2曲を含めた全5曲のミニアルバムが絶賛発売中。ちなみにわたしは、ファーストアルバムより収録の「CR時給生活」も結構お気に入りです。7月12日にはタワーレコード京都店でのインストアライヴも決まっているみたいなので、ナノボロフェスタ前の予習として、ぜひ生で目撃してください! メンバーのあっけ(Vo/Syn/Gt)によると、ボロフェスタは「憧れのフェス」だとのこと。晴れ舞台、楽しみです!

 

さて、今週末はナノボロフェスタ出演の某アーティストに取材してきます!

お楽しみに~

 

↑このページのトップヘ