クイーンステージ二番手はボロフェスタ初出演のKing Gnu!

CDB90F8C-0A37-40F3-AF48-5CC0CC0A28A1

カウントとともにスクリーンにバンドロゴが現れ一曲目の「PPL」へ。ブルーのライトに照らされホール内は一気に真夜中のクラブのような雰囲気に。続く「Flash!!!」で井口理(Vo,Key)は片手にタンバリンを持ち片手でシンセサイザーを鳴らし、常田大希(Gt,Vo)がエフェクトでひずんだ声でアッパーチューンを畳み掛ける。

A840F20F-AE9B-48D9-9143-849CAFA103A7

MCでは井口が「ボロフェスタってなんか学祭みたいだなって。当時の苦いかんじとかむず痒いかんじがありますね」と話し、ステージセットを眺める。

流れるようなベースラインから始まった「Tokyo Rendez-Vous」ではフロアが波のようにうねる。シーケンサーを用いた多彩なサウンドに、エフェクトのかかったツインヴォーカルが乗って作り出す世界観はムーディで独特である。甘い歌声に観客はうっとりと身を委ねている。

A1236618-19E2-4C18-A4AD-118C91C0B88F

艶たっぷりに「Vinyl」を歌い上げ、ラストの「ロウラブ」で会場を一気に盛り上げた。今話題沸騰中の彼らがボロフェスタでも堂々と魅せた。

313051BC-6225-4556-9AFB-066DC4E37FE8