2015年06月

こんばんは! 昨日は、ナノボロフェスタ第2弾が発表されましたね!

今東京インディ・シーンで大注目のnever young beachが参戦決定! すでに本祭への出場が決定しているHave a Nice Day! や、あのhomecomingsも登場です。渚のベートーベンズナードマグネット岡崎体育といった関西の音楽シーンも、非常に楽しみです。

そしてナノボロフェスタチケット予約スタートです。開催日は8月29日・30日。遠征組、社会人、大学生、就活生にもやさしい土日となっておりますので、ぜひ遊びにきてください!!

 

ロックコミューン所属・she saidのご紹介!

さて今週は、京都の男女混合4人組・she saidのご紹介!

2013年結成。くるりやリミエキを輩出した立命館大学の軽音サークル「ロックコミューン」に現役で所属しているバンドのようです!! それだけでもわくわくしてしまいますね。

ネットにアップされている数少ない音源をどうぞ!

90年代インディー/オルタナ好き必見!

イントロから2本のアルペジオにビビっときますね。淡々としつつも、繊細にアレンジされているので聴きどころが多い。ヴォーカルの入り方が絶妙で、冷静なトーンでありながらも内に情熱を秘めていて、カッコイイ。90年代インディー/オルタナに影響されたようで、ぺイヴメントやweezerを思い出します。日本だとtoddleが近いんじゃないかなと思います。方向性は違えど、サウンドからはややライオット・ガールな匂いがするのもポイントですね。

なんと音源が近日リリース!

少々音が悪くなってしまっていますが、貴重なライヴ音源はこちら。デモCDは現在売り切れとのことですが・・・朗報! 30日には、セカンドロイヤルから7インチがリリース予定。平賀さち枝とホームカミングスや、本日休演に続く同レーベル7インチシリーズの新作です。先ほどの楽曲「dim shape」も収録されているとのことで、要チェックですね。Seussの時にも言いましたが、も~関西シーンってむっちゃかっこいいですね! 彼女たちのような素晴らしい才能が生まれる関西、そしてロックコミューン最高です。

 

さて次週は、先週末に行った某アーティストのインタビューを掲載します~!

仕事にレビューにインタビューにと梶原の状況はぱつぱつですが、どうにか頑張ります!お楽しみに!

私は東京在住なので説明会に参加したことはないですが、「音楽大好き!」「スタッフしてみたい!」と思っている仲間と出会えるなんて、とても恵まれているし、貴重な時間だと思います!うらやましい!まだまだ迷っている方、スタッフ説明会に行かなかったけど気になっている方、まだ間に合いますよ~!私のような東京の人もぜひ、一緒に物語を作りましょ~!

 

今週は、カトキットをご紹介!

さてさて、今週もナノボロフェスタ出演アーティストを紹介!

本日は京都の男女スリーピースバンド、カトキットをピックアップします!

ザ・シックスブリッツ主催の「いつまでも世界は・・・」の出演や、Twitterで約8万4千人ものフォロワーを持つフグ田 マスオ(@f_masuo)の人気企画「マスオナイト」で取り上げられたこともある、注目アーティストです。しかも!今週水曜日に初の全国流通作『雨ニモマケル手帳』を発売したばかり。なんと10-FEET東京カランコロンを輩出したBUDDY RECORDSからのリリースです。絶好のタイミングでチェックしておきましょう!!!

まずはリードトラックから、容赦なく水かけられまくりのこのPV!!

イントロからシンセのリフが印象的でグッときますね!サイバーなシンセとギターのカッティングが絶妙で、シンプルなのにクセになります~。これがサビか!と感じても、繰り返しではなくもう1、2展開を見せてくれるので、最後までわくわくさせられます。

ポップなだけじゃなくて、ひねくれてる?

お次はマスオナイトで取り上げられた、シングル作品。踊れて、ライヴでも確実に盛り上がるナンバー。…なのに、ピアノの音色は切ないし、ストレートな詩から漂う現実感に胸が痛い! SEBASTIAN Xよりはシリアスで、ザ・なつやすみバンドのよりはアッパー。どうやら カトキットは、ポップミュージックにひとさじの哀愁を加えたバンドのようです。以上の2曲に共通するのは、一筋縄ではいかない、良い意味での「ひねくれポップ」だということ。これこそが、カトキットの魅力なんだと思います!

 

ボロフェスタは憧れのフェス!

以上2曲を含めた全5曲のミニアルバムが絶賛発売中。ちなみにわたしは、ファーストアルバムより収録の「CR時給生活」も結構お気に入りです。7月12日にはタワーレコード京都店でのインストアライヴも決まっているみたいなので、ナノボロフェスタ前の予習として、ぜひ生で目撃してください! メンバーのあっけ(Vo/Syn/Gt)によると、ボロフェスタは「憧れのフェス」だとのこと。晴れ舞台、楽しみです!

 

さて、今週末はナノボロフェスタ出演の某アーティストに取材してきます!

お楽しみに~

 

昨日、ボロフェスタ本祭第1弾が発表されましたね!

先々週にレコ発をお伝えしたばかりのLimited Express (has gone?)とHave a Nice Day!が出演決定!コラボの可能性が濃厚になってまいりました~!

また、同じく東京アンダーグラウンドシーンを揺るがすNATURE DANGER GANGが今年も参戦。昨年の出演からメンバーも楽曲もドカンと増えて、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか今から非常に楽しみです。

hanakin-borofesta2015.hatenablog.com

 今回も、サウクルー&ナノボロ出演、Seussをご紹介!

さて、今回の花金!梶原綾乃のボロフェスタへの道。

先週に続き、「Shimokitazawa SOUND CRUISING」に出演&ナノボロフェスタ出演決定アーティストをご紹介。サウクルーでは夜の部に出演していた、Seussを紹介します!ちなみにわたくし、残念ながら夜の部はいけなかったもので、今回ライヴレポはお伝えできません、残念です…!

若いバンドながら経験豊富、その正体は…

2013年に結成された、関西出身の男性5人組ロックバンド。昨年のボロフェスタでは、地下ステージに出演していた彼らですが、今年はナノに参戦です!

その音楽性は、ディアハンターや中期ビートルズを彷彿とさせるサイケデリック感で溢れています。盟友だというThe fin、出身は違えどYogee New Waves にも近いところがありますね。

メンバーには元THE FULL TEENZのベース・Okuhataがいるだけではなく、ヴォーカルのyumaとドラムのryoは、2011年に解散したTHE DIMというバンドをやっていたそう。FLAKE RECORDSのDAWAさんもブログに熱い思いを綴っていたくらいなので、かなり注目されていたことがうかがえます。神戸インディ・シーンといえば他には女王蜂、踊ってばかりの国黒猫チェルシーということで、そのラインナップからも、早熟で素晴らしいバンド揃いなことがわかりますね。

音源はまだ2曲入りの「Melancholia / Little Boy」のみ。ネットではOTOTOY、店舗ではFLAKE RECORDS で購入できます。The DIMは音楽性の違いで解散してしまいましたが、それを乗り越えて「焦らず、やりたい音楽を突き詰めていく」姿勢が詰まった作品となっています。

彼らの曲を聴くと、テンプルズの衝撃を思い出します

いや~、このようなバンドが現れる関西の音楽シーンっていいですね! やや話は違いますが、これまたサイケ志向のあるテンプルズをホステスクラブ・ウィークエンダーで観たときに、音源よりはるかにノイジーだったことに驚きました。きっとSeussも、良い意味で裏切ってくれるバンドなのではないかな~と予想してます!

 

ナノボロフェスタでの彼らも、ぜひチェックしてください!

私も非常に楽しみです。

先週末は「Shimokitazawa SOUND CRUISING 2015」へ行ってきました!今ホットなアーティストを贅沢にブッキングしたサーキットイベントで、下北沢~新代田、合計12のライヴハウスで開催されました。お目当てのアーティストを求めて、下北沢の街をうろうろ。大型フェスと違って、アーティストに遭遇するのも面白いところです。

f:id:hanakin_borofesta2015:20150605213047j:plain

サウクルー&ナノボロ出演、ONIGAWARAとは…?

どのアーティストも惜しみなく紹介したいところですが…今回のイチオシはONIGAWARA!ナノボロに出演が決定している彼ら、なんとサウンドクルージングでは、下北沢Lagunaのトリを務めていました。彼らは男性2人組の音楽ユニット、いや、ジャ●ーズにもなかった、男性地下アイドル・ユニット…? まずは動画をどうぞ。

女性アイドル現場の方にもやさしいGIGです!

遊び心満載で、一見おふざけ感のある彼らですが…曲がいいし、むちゃくちゃポップ!見た目とノリだけで判断してたらギャフンと言わせられますよ。明快な曲展開と、分かりやすい振り付け。初めて観た人でもついついファンになっちゃうこと間違いなし。ついでに言えば、ケチャサイリウム、ガチ恋に至ってもOKなので、女性アイドル現場の方にもやさしいGIGとなっております。

twitter.com

サウクルー会場は満員だった?!ナノボロでも見逃すな!

下北沢Lagunaには、彼らをひと目観ようと大勢のファンが集結。酸素が薄くなっちゃうほどぎゅうぎゅう詰めの会場で、最高に盛り上がっていましたよ!ナノボロフェスタでは、どんなアツいGIGを展開してくれるのか、非常に楽しみですね!さっそく私は音源での予習や、過度な応援行為に備えた準備体操など、万全にしておきたいと思います。新曲「Let's Dance!!」はOTOTOYで好評配信中です。

↑このページのトップヘ