「憔悴しきるまで楽しんでください!」そう言って始まった、ボロフェスタの街の底ステージ、ラスト・アーティストであるSEVENTEEN AGAiN!

IMG_4944


1曲目「僕はファシスト」で、観客の心をグッと近づける。私たちはおもいおもいに手を挙げ、夢中で踊るのだ。過去に土龍がnanoPAを放棄してダイブしたエピソードも語られ、笑いがドッと起こる。

IMG_4941


フロアには、SEVENTEEN AGAiNへの熱い視線を送っている者しかおらず、相思相愛を感じる空間は高揚感に満ちていた。

IMG_4948


街の底でありながらも、人間同士の心がぶつかり生まれたのあたたかみによって日向のような心地よさが生まれていた。

ラストは、ヴォーカルのヤブソンがドラムからジャンプ!フロアの大声援に応えて、急遽ダブルアンコールまで披露。「恋人はアナキスト」でボロフェスタの街の底ステージを大盛況で幕を下ろした。

IMG_4942